--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACT.207 原色の楽園 ~HOT LIMIT~ 感想

2013年12月20日 11:49

今年最後の本誌感想でございます。
ではさっそく行きまーす!

本誌表紙が着物姿が可愛いキョーコさんです!
筆を咥え、花ゆめ40周年を祝う書き初めを持つ図が素敵ですね。
キョーコさんは勢いがあっていいなぁ。

表紙は深刻な顔で向き合う二人。
コーンと敦賀さんの身体のデータが同じだと指摘するキョーコさん。
身体の測り方がすごいですww指でビシビシとww
この勢いある測り方、測った後、両手で顔を包んじゃったりするのは相手がコーンだと思ってるからこそですねw蓮もこうやって測っちゃえばいいのにww
さて、コーンは冷静に言い訳開始です。
まぁ、要するに、声もそうなんだけど、記憶に残ってる人に見えるようになってると。
SFとメルヘンが混じり合った理由ですねぇ。うまい事考えましたね。
コーンも必死なのでしょうが、将来的にはバレるんだよと思う身としてはあんまり嘘を深めない方がいいのにwwと余計な心配もします。
いっそバレて欲しかったなぁ~という気持ちがあるのでそう思っちゃうのですが(汗
子供の頃の純粋な心を持ち続けてる人には本当の姿が見える、というコーン。
中途半端に本当の姿が見えてる自分は中途半端に汚れた人間になってしまったからだと思うキョーコさん。
他人を妬むし羨むし疑り深いし、あげく憎む事もできるのだから!と言いつつ出現する怨キョさん、お久しぶりww
さて、うまく誤魔化せたので余裕出て来たのか、コーンくん。
キョーコの後ろにキョーコの過去が見えてる風を装います。
信じられない暴君、自己中、人でなし、と松を大批判www
無理チュー事件まで口にしてますよwwwやっぱ根に持ってたんだwww
なんかイキイキしてるぞ、コーンww
そして、話は敦賀さんに頬チューされた事にまで!
これは反応が見たかったのかな?w
しょうがないなぁ、もう、コーン、ていうか蓮はーww
ほぼ蓮の顔と声であのほっぺにチューを言われちゃって、キョーコさんはこれは一体何プレイだとお怒りのようですw
それはまぁ羞恥プレ(ry
プレイって言葉がね、エロいよ、キョーコさん?ww
手をバタバタさせて嫌がったり、無駄なブロックしたり、最後は真っ赤なお顔でのお怒りキョーコさん可愛いなー♪
しかし、怒りもMAXでそれ以上みたら絶交と叫んでらっしゃいますww

場面は切り替わり、社長と電話するテンさん。
事件に巻き込まれてるのではなどと心配しているテンさんですが、社長はさらっと否定。
銃をつきつけられたっておとなしくしているタマじゃねーよってw
テンさん、蓮の謎の過去に傭兵疑惑がプラスされてますww怖いよww
キョーコと接触しなきゃそれでいいという社長、さすがに何があってもバラしたりはしないだろうと言ってますが、最後には、──…と、信じている、になってますw
やっぱり不安なんですねぇ。今のところ、バレてはないですが、キョーコには出会っちゃってますからねーw
テンさんはキョーコさんに電話してもう一回外に出ないよう念を押しておくと言ってます。
お、テンさんから電話が来るのかな?その頃は二人はどうなってるのか。
そして、社長はテンさんに蓮に会った後の事で一つ頼んでおきたい事があると言います。
むむ、これは一体何でしょうね。ちょっとドキドキします。

再び、コーンとキョーコの場面へ。
渋~い顔のキョーコさん、ヤシの実ジュースがおいしくなくてショックのようですww
イヤイヤ飲み続けるキョーコさんに、ストロー片手のコーンが飲みたそうに…
なんかすんごい若返ってるんですけど!!なんだこれ、可愛いwwww
昔は何だって半分こしてくれたのにと、ジュースも半分こ希望するコーンに、まだお怒り中のキョーコさんはつれない態度。
ごめんと謝り、ションボリするコーン。
ちらりとキョーコを見て、許して…?と。
一連のコーンの仕草と台詞にキョーコさんキュン死寸前www
アサシン!!に笑いましたww直球だなww暗殺者www
萌者震い(笑)しながらこらえるキョーコさんを??マークつけて見てるコーン。これ天然なのか……恐ろしい子……w
どうしてくれよう この妖精王子めが っていう文字にも笑いましたwww
どうしてくれようがなんか懐かしいwww
耳付きワンコ兄さんの殺傷POWERの100倍、いや甲乙つけがたいwその攻撃にキョーコさん降参で、謝り返す事に。
その敦賀さんの顔と声でそれ以上敦賀さんのイメージが壊れる様な事をしないで!と。
ちょっとショックな様子のコーン。
ここで思い切りすれ違ってる二人。
キョーコさんはこんな風に蓮が甘えたりする事はない、あって欲しくない、想像したくない、もしプライベートであったとしたらその相手は自分じゃないから、と思ったようです。
坊と蓮が話してるシーンがちらり。
あー…敦賀さんには他に好きな女性がいると、やっぱりちゃんと覚えてて気にしてたんですね。
コーン、というか蓮はまたキョーコとの距離をちょっと感じちゃったのでしょうか。
残念なすれ違いの後、コーンにヤシの実ジュースを勧めるキョーコさんですが、その時、今日コーンの笑顔を一度も見ていない事に気づきます。
浜辺にいる時も、ヤシの実ジュースを探してる時も笑っていないコーン。
しかし、”鳥が言ってる”で一致する二人がひそかに萌えます。
風のパターンもあるのか…やっぱり二人共メルヘンなんだ…似合いすぎる…
再会できて嬉しいのは本当は私だけなのかな…としょんぼりするキョーコを、コーンは即座に否定。
絶対、そんな事はないと言い切ります。
キョーコと過ごす何げない時間を幸せだと”久遠”が感じてしまわないように無意識に抑えこんでいた、と思うコーン。
当然、訪れるはずだった『幸福』な時間を他人からは奪っておいて、自分が…という事のようです。
血に塗れたリックとそれを抱きしめるティナを思い出し、沈むコーン。
そのコーンの様子を見て、キョーコはそっと手を伸ばします。
コーンが嫌じゃなかったら話せる範囲で聞かせてもらえない…?というキョーコ。
かつて貴方がそうしてくれた様に
今度こそ、私が貴方の『救いの場所』になりたいの

以下、次号です!!
今回は昔のキョーコとコーンがどんな風だったのかがよくわかって大変楽しゅうございました。
なんでも半分ことか、鳥が言ってるとか、ああああもう、可愛いな君たちはっ!!
口がうまい詐欺師妖精王子は悪ノリして怒られるとしょんぼり&甘え上手なもんだからキョーコ撃沈なんだな!
あんな、でっかいけどキラキラした王子がしょんぼりして甘えてきたら、そりゃキョーコ萌死んじゃうわぁぁ!
程度は違うけどキョーコだけでなくコーンだって同じメルヘン脳を持っていそうw
キョーコがすんなり納得する嘘がスラスラ出て来ることがもう、そうとしか思えないw

バレはなにもありませんでしたが、一番深い所にある蓮の事情のバレ?が来るかもしれないのですね!
そのまま話すわけにはいかないのでしょうから、その辺は適当にぼやかして、語って欲しいよ、コーン。
久遠が思い切ってくれますように。
そして、キョーコさんが久遠を救ってくれますように。
それを強く願いながら、年を越したいと思います。
次回は4号、1月20日(月)発売です!
それでは今年最後、年を越しながらでありますが、頑張って1か月待ちますよ!!


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kanamomo2010.blog48.fc2.com/tb.php/524-b849fc88
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。