--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACT.198 惨劇予告(トラジックマーカー) 感想

2013年03月05日 11:58

今月もやって来ました、本誌発売日!
さっそく感想いきますです~!

表紙は穏やかな顔の蓮です。
俺はただ一人の役者。
いいですね、落ち着いた感じです。
自販機でお買い物の愛華ちゃん。
飲料にいちいち別名があるんですかw村雨の血が発端かしらw
おつりを落としてしまった先にカイン兄さんがいましたよ。
カイン兄さん単独で他の共演者と対峙するなんて。これはどんな展開になるのかな。

シーンは変わり、床にめり込む勢いで監督に土下座するセツカ姿のキョーコさんw
これは前回の次の日でしょうか。昨日に引き続き今日も遅刻とはw
安定したイチャイチャっぷりの兄妹のようですが、キョーコさん的にはもう大変なんですね~w涙目のセツなキョーコさんがかわいい♪
カイン・ヒールとしてはこれでいいんじゃないかという監督さんの言葉を聞き、自分の超小者っぷりに気付いて絶句するキョーコさんw
でもキョーコさんはそこがいいんだけどなぁ~なんて思ってしまいます(笑)

俺のこの人生を終わるまで "お前の俺"で生きてやる

あの夜言われた蓮の言葉を思い出しながら、その後、カイン兄さんが落ち着いた様子でいる事にほっこりしているキョーコさん。

カイン・ヒールとしての仕事が終わるまでセツが求める兄『カイン・ヒール』を演じ通してくれる
私の尊敬して止まない役者 敦賀蓮でいてくれる

そう約束してくれたしって思っているキョーコさんです。
そっか、そうですよね、キョーコさんはそう思いますよね。
黒クオンとひとつになった新生・敦賀蓮がプロポーズ紛いな事言ってたとは思わないよね……まぁ、これは自分の脳が爛れてるせいなんですけど(汗
蓮は"負の自分"との関係をうまく折り合いをつけたのでは考えるキョーコさん。
ショータローの名前聞くだけで条件反射で怨キョが出てしまう自分と比べてしまっていますが、うっかり出た怨キョの収納っぷりがテキパキしててこれはこれでいいのではwww
そんなキョーコさんをじっと見つめる監督。
その様子に、自分に何かが不自然な点が、とキョーコさん恐れ戦きます。南国バードの様な派手なカツラってwwそう思ってたんだww
監督の不自然な様子を不思議に思いつつも、とりあえず二人の話は終了。
そしてその後に、聞けなかったと一人苦悩する監督さん。
あぁ、アレですか!w 蓮の首筋にあるキスマーク&噛み跡っすね!w
特殊メイク班の方々、思いっきりふれまわってそうだなwwやる事はやるんですねーっってwww
やってないんだよ~ww許したげてww←
女性への負担がものすごくスゴそうだっていう推測がちょっとwwwいやいやいや負担すごかったら噛んでられないんじゃww……などといらぬ突っ込みがしたくなったり(笑)
それはそれとして、事情を知っている監督は苦悩しますw
芝居に対して究極真摯で妥協しない、徹底してる敦賀蓮が極秘の仕事中に迂闊にキスマークなどつけてこないし、隠す努力もしていない。
だとするとアレをつけたのはラブラブな妹であるセツカ=京子さんでは!?
監督の想像のラブラブ兄妹の図にちょっと笑いましたw
まぁ、普通にあやしみますよねww
そして、苦悩するあまり、監督、全部マネージャーの社さんに押し付けちゃってるしwwww社さん、久しぶりなのにとんだとばっちりwww
ヒール兄妹の裏を知ってる人も知らない人も、そしてその場にいない人までなんか大変だなwwwと思う映画の撮影現場ですw

さてお次はお昼中かなと思われるスタジオ。
話題はやっぱりヒール兄妹です。
風速120(←日本壊滅するw)の嵐の中でも離れなさそうな勢いでのバカップル繋ぎwwwしてたと目撃されていたようですw
村雨君は前に見たセツの頬染めを思い出し、兄さんを変態野郎呼ばわりです。兄さんだけなんだwやっぱりセツはお気に入りなのかな?w
ふ、ふふふふwwwしかし、なんかじわじわ来るwww変態www敦賀蓮が変態www
そして特殊メイク班からの戦慄のニュースとやら(キスマークか?)が語られる前に、愛華ちゃんが戻ってきます。これは冒頭のシーンの続きかな。
恭紫狼様に会ったかも、とな?
なんかヤンキー漫画のヒーローらしいですが……クーさん、保津周平17歳、このような役をやっておられましたかwwちょっとかっこいいかもwww
かなり思い入れのある様子の村雨君、愛華ちゃんが誰を恭紫狼に認定したのかとすんごい顔で聞いてますねw
クー以外は認められないのね~。ちょっと気持ちがわかるかも(笑)
恐らく愛華ちゃんが言ってるのはカイン兄さんだと思うのですが、これは意外な展開。
おつり拾ってあげて何かしたのかな? 兄さんが優しい一面を見せたのか?
……むむむ、セツカが知る前にこっちがジェラシーですよ! 気になる気になる~!

ヒール兄妹に場面が移ります。
急にピタっと足を止めるセツ。
監督が聞き辛そうにしていた事が、蓮のキスマークの事じゃないかと思い当たってしまいます。
おキニの服を乾燥機に入れちゃった、という言い訳をしつつ、中の人のキョーコさんはすごい勢いで苦悩していますw
セツが入ってる時なら平気でいられるけど、映画公開後、B・Jの正体が明かされてセツと関わりがなくなった時にその話を振られたら。
笑って冗談めかして説明できるの──…?
凍りつくセツ。
それを見たカイン兄さんはゆっくりとセツに近づいて抱き締めると、それは大事そうに顔を摺り寄せて髪に唇を落とします。
驚いた表情のキョーコの顔は、そのままセツに。
心配するな、いくらでも新しいのを買ってやるからというカイン兄さん。
セツ、という呼び声にはっとした……キョーコ。
セツの格好ですっかりキョーコになってしまっている、その表情が今までになく切ないです。
必死でセツを呼び戻そうとするキョーコ。
兄さんの背をぎゅっと握り、抱き締めあうのはセツ。
空気にとけて消えて失くなりそうな顔をしてた、と言われ、いいわね、それ…透明人間みたいで楽しそうと返したセツ。
崖の先端、もう既につま先だけでやっと立っているだけの状態になっているキョーコを追い詰めているのは蓮でした。

抱き締める蓮はどこまで考えているのか、ただカインとしてなのか、それとも……なのか。
うああああー! キョーコがなんか辛そうで見ていて苦しいです!
空気みたいに消えてしまいそうだった蓮をキョーコが救ったように、蓮にもキョーコを救って頂きたい!
きっと、きっと救ってくれるはず!……とは思いますが、これからどうなるのかさっぱり予想できないのでなんか苦しいです!wああああ
蓮が安定したと思ったらキョーコが超崖っぷちです、あああハラハラしながらまた1ヶ月待ちますよ!
次回は9号、4月5日発売です!

さてさて、32巻がもうすぐ発売ですが、その記念企画として不破尚BIGユニット結成だそうですよ。
前にやったのと同じノリでしょうか。
ユニットって誰じゃ、と思いましたが過去にスキビと縁、A賞がPS2ソフトのスキビって事でなんかわかったかもです。
名前がショウだから多分あってるんじゃないかな…検索したらふたご座だったしw
「タイムマシンが欲しいよ」は今でもよく聞いてるのに、紅白でる直前までなぜか歌ってるのは違うグループだと思ってました。
いや、偶然同じ名前のグループなんだなぁって思ってしまって……大ボケすぎる自分w
PS2ソフトの初回限定盤の箱は破壊力抜群ですよ!
おまけの坊ストラップはネタにもさせて頂きました。いろいろとお世話になったゲームです。オススメ!w


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. Kanamomo | URL | -

    コメントありがとうございます。

    また拍手の調子悪かったみたいでご迷惑お掛けしております~。
    本文の方でお返事させて頂いておりますので、よろしくお願い致します!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kanamomo2010.blog48.fc2.com/tb.php/445-73d19189
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。