ACT.192 黒の息吹 感想

2012年09月05日 12:46

やって来ました本誌発売日!
さっそく感想いきまーす!


敦賀蓮実写化プロジェクト始動!!

ってなんじゃらほいとびっくりしました。
以前表紙を飾ったイラスト(キョーコの頬に蓮がちゅー寸前)の蓮の部分を誰かが演じるって事みたいです。あとクレパラの竜二も。
その誰かを予想するという企画です。
これは一体…とちょっとビビりましたが(蓮はCG派ですw)表記されている手がかりを元に、俳優、先生の出身地、れん、で検索したら…
あーレン。確かにレンな人が。
有名な俳優さんですが、これはあれですか、東海林さんの時みたいなノリというか方向性だと考えていいのでしょうか?
プレゼントもそうめんとお菓子だしwwでもこれはちょっと魅力的ww美味そうww
ネットでも応募できるのでしようかなと思います。
そういや前回の目覚まし時計、宛先がすごい長くてちょっと笑いましたw

では!本編です!


神の悪戯 悪魔の采配
どちらにしても確かな予感
これは始まりだ
物語が結末を迎えるための悲愴な終末への始まり───

焦った様子の社さん。
そして、その目の前に、駐車場で対峙する蓮と尚の姿がオープニングです。

さて、携帯を覗き込むキョーコさん。
ナツの格好ですね。これはあの場面の次の日かな。
待ち受け画像がかわいいですwやっぱ妖精がww
松といた事への釈明のコメントを蓮の携帯の留守電にいれておいたようですが返事はないようです。
このパターンはあの、初めて蓮が真剣怒りをみせた時(松PVに出た時)と同じだと怯え怖がるキョーコさん。
松と揉めてた時にイヤミのひとつでも言いに来てくれてた方がまだよかったと。
一番近い入口付近にいたのにこなかった蓮。
携帯に返事もないし、やっぱり避けられたのかなと少し落ち込み気味です。

次は蓮と社さんの場面。
休憩に入る所で、社さんが昨日の打ち合わせの時と一緒だったらしい人につかまってます。
どうやらあの後の打ち合わせでの蓮は人が殺せそうなくらいの鋭い目つきだったよう。
これもあの松PVの時を思い出しますねw打ち合わせ相手が泣いてたような記憶がw
今回はアレ以上なんでしょうけれど、相手側はそんな蓮が逆に気に入った模様。
敦賀君は昔ヤンチャしてたんじゃないか、と、とうとう打ち合わせ相手にまで言われてしまってますねー。
ヤクザ役とかいいんじゃないなんていわれ、今殺人鬼やってますとも言えず適当に話をあわせる社さん。
マネージャーお疲れ様ですw
そんな社さんを影からちょい睨みな蓮。
少しは否定してくれても、と、機嫌悪そうですね~。
腕組んで、あからさまに不機嫌な蓮がちょっとなんか…ツボです(笑)ガラ悪いぞ!蓮!
そんな蓮の目力が皮膚に刺さり痛がりつつもw「敦賀蓮」のミステリアス度が増していいんじゃないかと仕事モードな社さん。
そして、昔、ヤンチャだったのは本当だろ?と鋭い指摘。ぬお、社さんかっこいいっ…惚れるっ。
諦めたように溜息つきながら髪くしゃくしゃする蓮のさり気無い仕草に萌えてる(←w)と、社さんから蓮と初めて会った時の話が!
華やかな容姿で微笑んでいても瞳は暗く翳っていてまるで何かに絶望してる様に見えた。
そして、その頃から瞳の力がすごかったんですね。ちょっと怖かったようです。
初対面で蓮の重い過去をなんとなく感じ取っていた社さん。さすがです。素敵マネージャです。
大人びた見た目や老成してしまっている言動で余計にそう思ったという社さんに、蓮は買い被りです、と。
言動は大人社会で育ったせい、見た目が老けてるのは血筋なんだそうで。血筋…じゃあクーもそうだったのかなw
話を切り上げようと、インスタントじゃないコーヒーが飲みたいから下へ行きましょうという蓮。
なんかこの台詞もちょい不機嫌入っててツボに入るんですがww
インスタントじゃないって言う言い方がなんか。この部屋にも何か飲み物ぽいのありますよね。ポットあるし。
あれっ、自分、不機嫌な蓮好きなんだなwwそういや昔のぶち切れ寸前のクオンが(日本人だから英語がーのあたり)すごいツボだった記憶が。
そんな蓮に社さんの一言。
お前、あの時みたいな瞳をしてるよ?
昨日からずっと初めて会った時と同じ瞳をしてると指摘する社さん。
どうやら蓮は一晩明けてもうまく「敦賀蓮」に戻れていない模様です。
かろうじて仕事中は大丈夫ぽいですが、社さんと二人の時は素が出てしまってるようで。
昨夜、駐車場でアイツとなにがあった?と聞く社さん。
ここで昨晩のシーン。
打ち合わせの後、松が車の所に居やがった←っぽいですね。
松が腰掛けてるの、これ蓮の車、ですよね?こら、座るんじゃないよ!←
暗い目で言いたくないという蓮。
そんな有様でアッチの役に戻っても大丈夫なのか?という社さんに、蓮は何とかします、役者ですから、と。
「敦賀蓮」で仕事をする蓮、それをじっと見つめるとっても真面目な社さん。
いつにない緊迫感でこちらもドキドキいたします。

そして場面はカインになった蓮。すでにホテルで待機中ですね。
社さんにはもう色々とバレてるなと蓮は感じてます。
初めて会った時、あの過去を夢に見てしまっていてちゃんと「敦賀蓮」じゃなかったんですね。
そうして社さんの指摘通り、今は「クオン」がむきだしになってしまっていると思いますが、本当にそうならもっと凶暴だ、まだ制御できてると思う蓮。
そこで再び松との対峙シーン回想。

アンタだけは無いらしいぜ
間違ってもアンタに惚れる様なバカな真似はしないってさ

わざわざ、これ言うために蓮待ってたんだ松は。どんだけだよ。
でも馬の骨から、ただの邪魔をする男になったって感じですね。
そしてなんとなく微妙に違うような、いや、でも同じような、うーんもやもやする~!(混乱
ただ、これは蓮には結構ダメージくる言い方な気がします。今、蓮は嫌いな自分と戦い中ですしね。ううう。
まだ大丈夫と言い聞かせる姿が大丈夫じゃなさそうで…。
セツを待ちながら思う事が、ここから必要なのはその男(カイン)のみ、っていうのが。泣きそうです(涙

テンさんとセツの準備中のキョーコ。
蓮は疲れていたみたいだからもう寝てるかもねという話を聞いてちょっとホッとしています。
気まずい思いを抱きながら再び兄妹生活へ向かうだろうキョーコ。
それを待つ蓮。

さあ 出迎えてやろう 雪花の愛する兄になって

スルっとあの腕時計を外す蓮。

あああああああこれどうなるのーーー
展開が予想つかないよおおおおお
ていうか、もう蓮の追い詰められ度MAXですよねっ?
これ以上なんかあると蓮がー蓮がー
どーんと出てくる凶暴なクオンは抑えられてる気がしますが、ちょっと方向性の違うのは出っ放しなんじゃないんですかー?
いっそのこと強引にくっつけ!と常日頃思っておりますが(←それもどうかなw)蓮、そしてキョーコにダメージがくるような感じではちょっとなーと。
だとすると次はキョーコのターン…なのか…いや、うーん……や、やっぱりわからないっ!
ああああ悶々としながら次号を待ちたいと思います!
10月5日が待ち遠しいいいいいいいいー!
そして31巻が20日に発売。
蓮絡みの小ネタ漫画があるとのこと!これはすごい楽しみ!ひゃっほう!←

もうね、本誌発売日近くなると落ち着かなくなって困ってます(笑)
1ヵ月長いんですけど、さくさく来ると日常生活に支障が出るかも。ハマりすぎ(笑)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kanamomo2010.blog48.fc2.com/tb.php/400-419096cb
    この記事へのトラックバック