ACT.166 バイオレンスミッション フェーズ9.5 感想

2010年11月05日 12:35

先生が柱で平謝りしてて心配です。
続きは早く読みたいけど、無理しすぎて長期休載とかになったら悲しい。
蓮の心配したり、先生の心配したり、なんだか忙しいスキビ読者ですっ。







さて、現場にはBOX"R"の監督さんもちゃんといましたw
色々とアレな監督さんですが……なんだろう、あんまり嫌いじゃない(笑)
そのわりに名前覚えてねぇっていうwなんだっけ←
キョーコ曰く、自由な欲望ダンサーな監督w確かに自由な人だな!


さて、回想の中で女の人が言っている事。
この辺と前号から、クオンが直接リックになんか危害を加えて死なせたって事じゃないみたいなので一応安堵しました。
それでも自分の行動がリックの死の原因になってたらやっぱりキツイですね。
女の人がリックの恋人かなにかなら、あんな事を言う気持ちもわかるんですが…。
代わりに死ねとか……(泣)
キツイです;;
この直後くらいにクオンは来日したんでしょうか。

すっかり生きる気力もなくしちゃったクオン=蓮を引き戻したのはキョーコでした~。
あぁ、よかった、抜け殻状態が長く続いたらどうしようかと(汗
ちゃんと戻ってきてくれてよかったです。
心配性なので、いらん心配たくさんしたよ!
戻った直後の呆けたような蓮の顔と、最後の笑顔にこっちまでつられ笑顔だよ!
蓮がキョーコを好きなのはもうとっくに知っているわけですが、これを見て、あー、魂ごと持ってかれた…と思ってしまいましたw
もうマジで、キョーコいないと蓮生きていけないんじゃね?と思った次第です。
キョーコの自覚がこないと蓮の生命に係わっちゃうじゃないか!
蓮のトラウマの一番深いと思われるトコがでてきたところで……二人の進展を願いながら来月まで待機しますっ!




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kanamomo2010.blog48.fc2.com/tb.php/244-9bf5f63f
    この記事へのトラックバック